2015年12月23日

Leica X1:ドームフード



レンズフードは、UN の「ドームフード 49mm キャップ&フィルター付 ブラックUNX-5286 」を使っているが、
これは49mmのメタルドームフードに、30.5mmのUVフィルターとキャップがセットになっている。
フィルターはフードの外側に取付けるとケラれるので、フードの内側に取付けている。
キャップはスクリュー式で、フィルターを内側に付けたままでも取付けることができる。

4 件のコメント :

  1. こんばんは^^
    フィルターは当然外側に付けるものだと思っていましたが
    内側から付けるなんて目から鱗ものです。
    フィルターとキャップでドームフードをサンドイッチするわけですね。
    何ともユニーク~♪

    返信削除
    返信
    1. れもん さん、こんにちは。

      そうなんですよ。
      開口部が30.5mmと狭いので外側に付けると、ケラれてしまうのです。
      もちろん、アダプターとフードの間に、フィルターを入れてもケラれますね。
      それで内側なんですが、フィルターが汚れにくくていいですよ。
      キャップも今では珍しいねじ式なので、クルクル回しながらの付け外しです。
      この感覚が古めかしくていいですね。

      キヤノンのソフトフィルターを使うときは、
      30.5ー37mmと37ー55mmのステップアップリングを、フードの前に付けています。
      この付け方ではケラれることなく、ユニークなスタイルになりますよ(笑)

      削除
  2. こんにちは
    先ほど、コメントお送りしましたが
    解決しました。
    上記のUNX-5286を購入すれば
    よかったのでした。
    ありがとうございました。

    返信削除
    返信
    1. そうですよ。
      これを買えばいいのですが、49mmのフィルターをつけて、
      その上に、このドームフードを付けるとケラれてしまいますよ。

      もし49mmのフィルターを生かすのであれば
      エツミのE-6472という方法もあるようです。
      けれど、これは使ったことがないので、
      ケラれないという確証はないのですが・・・

      削除