2019年8月21日

キヤノンFDレンズの絞りロック

FD28mm F2.8 S.C.の絞り解除状態(通常の状態)

FDレンズは自動絞りのレンズなので、手動絞りにセットしなければ絞りは開放のままである。
ミラーレスカメラに取り付けるときは、マウントアダプターの絞りロックリングをセットして手動絞りにすれば、
レンズの絞りリングを回して絞りを操作することができる。

しかし絞り連動ができない中間リングやベローズを使うときは、
FDレンズの絞りリングの操作で絞りを開閉できるように、レンズ自体を手動絞りにセットしなければならない。
その状態にするのが絞りロックレバーである。

これは「FD28mm F2.8 S.C.」だが、下側にあるレバーが絞りレバーで、
キヤノンF1の場合はシャッターを押したときにボディー側から、このレバーを反時計回りに移動させて絞りを操作する。


FD28mm F2.8 S.C.の絞りロック状態

手動絞りにするには、この絞りレバーを反時計回りに端迄スライドさせ、
その隣にある絞りロックレバーを白点からL側にセットする。
これで絞りレバーは元の位置に戻らなくなるので、絞りリングを操作して絞りを開閉することができるようになる。

ちなみに、左側にあるレバーは露出計に絞りリングのプリセット位置(F値)を伝えるレバーなので触る必要はない。
その下にある丸いピンは露出計に開放F値を伝えるピンで、ピンの高さがF値を表している。


FD100mm F2.8 S.S.Cの絞りレバー

「FD100mm F2.8 S.S.C」のように、絞りロックレバーのないFDレンズもある。


FD100mm F2.8 S.S.Cの絞りロック状態

この場合は、絞りレバーを反時計回りにスライドさせると途中で少し固くなるが、そのまま押せば端に固定されて手動絞りになる。
戻すときは少し硬いが、レバーを元の位置に押し戻せばいい。


絞りレバーストッパー

NewFDレンズのように絞りレバーをロックできないレンズは、付属の絞りレバーストッパーを使えばロックできる。
絞りレバーストッパーは反対側に長い切れ目があるが、こちら側の短い切れ目に絞りレバーを入れ、
右側にある突起を引っ掛けて固定するように使う。


FD100mm F2.8 S.S.Cに絞りレバーストッパーを取り付けた状態

NewFDレンズが手元にないので、「FD100mm F2.8 S.S.C」に取り付けてみた。
絞りレバーストッパーの短いほうの切れ目に絞りレバーを入れ、
少し反時計回りにスライドさせるとカチッという感触で固定ピンがハマリ、絞りレバーが固定される。

いずれの方法で手動絞りにしても、レンズ単体では絞りリングを回しても絞り羽根は開閉しないが、
ボディや中間リングに付けると絞り羽根が開閉するようになる。

2019年8月19日

植田正治写真美術館



植田正治さんといえば「ベス単写真帖・白い風」を思い出す。
「ベスト ポケット コダック」の単玉レンズ付き通称「ベス単」の絞りの周囲を覆っているフードを外し、
絞りを最大に開いた状態で球面収差を利用してソフトフォーカスにする「ベス単フード外し」という使い方で、
このレンズをペンタックスのボディに装着して撮ったカラー写真集である。


植田正治写真美術館

何故、裏側を ???




アマチュア精神を貫き、演出により人物をオブジェのように配置するモダンで実験的な構図で独特の世界観を表現、
 特に鳥取砂丘を舞台にした「砂丘シリーズ」はよく知られている。


大山

このスリットから大山を眺められ、水面に「逆さ大山」が映るのだが、風が強くさざ波が立っていて現れることはなかった。

もう写真をほとんど撮っていなかった頃なのだが、翌年の2009年にオリンパスペンE-P1が発売され、
そのテレビCMに刺激を受けてデジタルカメラで本格的に写真を撮りたくなり、
2011年にE-PL3を購入して再び撮り始めた。

2008年
Canon IXY DIGITAL 10

2019年8月17日

キヤノンFDレンズのフード修理

レンズフードBS-55

キヤノンFDレンズの純正レンズフードBS-55を修理した。

このレンズフードは金属製だが、フードをレンズに固定する樹脂製のストッパーがボロボロになっているので、
これを交換する。

樹脂製フードは一体型だが、この金属製フードは後ろ側のシルバー枠がビス止めなので取り外すことが出来きる。
取り外したあと、古いストッパーの屑は取り除いておく。

左端は今回使う材料で、少し柔らかめの樹脂製のケーブルコネクタカバーである。


切り出したストッパー

大雑把だが樹脂製のケーブルコネクタカバーを、程よいストッパーのサイズにカットした。


3箇所にストッパーをセット

このストッパーをフードの3カ所にセットする。
本来はビス穴の両横にセットするので6カ所なのだが、材料が足らないので3カ所にした。

3カ所なのでビス穴の左側にセットする。
これはフードをレンズにセットするとき、右回転なので最初に当たる方にストッパーがある方が良さそうだからだ。


シルバーリングをビス止め

シルバーのリングをビスで仮止めしてストッパーの位置を調整したあと、
ビスを本締めして、ストッパーが外れないことを確認すれば完了である。


FD 28mm F2.8 + BS55

標準レンズのフードだが、50mmがないので28mmに付けてみたが、丁度いい力加減で取り付けられた。

中古で売られているFDレンズのフードはスカスカになっていることが多いが、
簡単に修理できるので金属製フードの質感を楽しむのもいい。

2019年8月16日

常日頃 x385 * 避暑






少し涼しさを・・・


2016年
Olympus pen E-P5
Voigtlander NOKTON 25mm F0.95

2019年8月10日

Rollei 35 というカメラ

Rollei 35

  • 形式:35mmレンズシャッターカメラ
  • 画面サイズ:24×36mm
  • レンズ:テッサー40mm F3.5
  • 最小絞り:F22
  • 構成:3群4枚
  • 最短距離:0.9m
  • シャッター:デッケル製シンクロコンパー
  • シャッター速度:B,1/2~1/500
  • ファインダー:逆ガリレオ式ファインダー、アルバダ式フレーム
  • 焦点調節:前玉繰り出し目測式
  • 露出制御:マニュアル露出・ゴッセン製追針式露出計
  • 露出連動範囲:EV5~EV18
  • 大きさ:99mm × 68mm × 38mm(沈胴時)
  • 重量:325g


今は手元にないのだが、このコンパクトカメラをキヤノンF-1と共に使っていた。
高さがフィルムパトローネのサイズギリギリで、当時世界最小の35mmフィルムカメラとして話題になったが、
ここまで小さくしているので操作性など度外視だ。


Rollei 35の裏蓋

フィルムを右側にセットして左へ巻き上げるので、左側に巻き上げレバーがあり、
裏蓋は開閉式ではなく、引き抜くタイプなのでフィルム装填は面倒だった。


Rollei 35の底

ホットシューはボディの底にあり、ストロボを付けると下から光が当たるので、
カメラを逆さまにして使うのが作法だったが、評判が悪くボディの横に付けられるアダプターが追加されたと思う。
フィルムカウンターは、ボディ底の三脚穴の縁にあり、右端にあるのはフィルム巻き戻しレバーである。


Rollei 35

向かって左の丸い窓が露出計である。
露出計のメーターはボディ上面の赤い針で、マニュアルの追針式だ。
レンズロック解除ボタンとシャッターボタンが近くて間違えることもあり、これも評判が良くなかった。

向かって右側のダイヤルが、シャッターダイヤルとフィルムインジケーター、左側のダイヤルが絞りダイヤルとフィルム感度で、雰囲気としてはローライの二眼レフのようなダイヤルである。

このサイズでは、距離計の組み込みは無理なので目測になったのだろう。
レンズ先端にフォーカスリングがあって、距離目盛と被写界深度目盛が刻まれている。
レンズは沈胴式でレンズを引き出し、右に回すとカチッと音がしてロックされシャッターが連動する。
ライカなどの沈胴レンズはシャッターは関係ないので単純な構造だが、これはレンズシャッターなので、
レンズ側のシャッターとボディ側を連動させる必要があり複雑な構造になっている。

他にも操作する時の作法があって、間違えると壊してしまうという厄介なカメラだったが、
こういう扱いにくいカメラであっても、魅力的なので一度は使ってみたいと思っていた。
操作しやすいだけのカメラよりも、技術者のこだわりがあるカメラが好きだ。

2019年8月6日

Sudek の光

YouTube: Josef Sudek — «Жить своей жизнью» 1963


ヨゼフ スデク(1896-1976)
「プラハの詩人」と呼ばれたチェコの写真家である。
戦争で右腕を失い、片腕で木製の大型ビューカメラを担ぎ、プラハの市街地や近郊の風景、静物などを詩的に表現した写真家だ。

スデクの作品は戦争の影響から、スタジオや自宅周辺で撮影されたものが多いようで、
1944~1953年に撮影された「The Window of My Studio」が、それを物語っている。
この「スタジオの窓辺より」という作品を見ていると、ドアノーの「動かずにいることの効用」という言葉が浮かんでくる。

濡れた窓ガラスとコップの中のバラ、野原と樹、濡れた舗道と灯り、聖ヴィート大聖堂に射し込む光、雨上がりの庭の輝き・・
このスデクの光の捉え方が好きで、どうすれば、このような光を捉えられるのか・・
いつも考えさせられる。


Olympus PEN E-P5
Leica Summar 5cm F2

Olympus PEN E-P5
Leica Summar 5cm F2

2019年8月4日

ヴィヴィアン・マイヤーのLeica IIIc

Vivian Maier

ヴィヴィアン・マイヤーといえばローライフレックス。
1952年に初めて手に入れたブローニー版のローライフレックスで、たくさんのモノクロ写真を撮っているが、
後年35mmカラーフィルムでも写真を撮り始めている。

ヴィヴィアン・マイヤーの公式サイトでは多くの作品が紹介されているが、本人についても紹介されていて、
その中にヴィヴィアン・マイヤーが使っていたカメラが紹介されている。

Some of Vivian Maier’s various cameras
http://www.vivianmaier.com/about-vivian-maier/#attachment_1106

この写真の中にバルナックライカがあるのだが、解説を見るとLeica IIIcとなっていて、
Elmar 9cm f4のブラックペイントが付けられている。


Leica IIIc + ELMAR 9cm f4

このセルフポートレートには、そのLeica IIIcが写っている。
これには外付けファインダーが付いていないので、レンズは50mmだと思われるが、
フィルムは、よく使っていたKodak Ektachromeかもしれない。


Vivian Maier’s self portraits
http://www.vivianmaier.com/gallery/self-portraits-color/#slide-5

この写真は1975年に撮られていて当然M型ライカの時代なのだが、バルナックライカなのは、
ローライフレックスの美しいデザインと同じように、バルナックライカの美しさに惹かれたからか。


Vivian Maier’s self portraits
http://www.vivianmaier.com/gallery/self-portraits-color/#slide-14

こちらにはブラックペイントのバルナックライカが写っているが低速シャッターダイヤルがないのII型だろうか。

どちらのバルナックライカにも、ボディケースが付けられているように見える。
セルフポートレートに見られるカメラから、色々と推測するのも楽しいものである。

2019年8月2日

2019年7月28日

ウエストレベル ファインダー

Nikon F & PEN E-P5

ウエストレベル ファインダーは二眼レフなどのブローニーサイズのカメラでは馴染み深いが、
何故か、ニコンFやキヤニンF1のようにファインダーが交換できるカメラには、ウエストレベル ファインダーが用意されていた。
ペンタプリズム ファインダーが開発されていなかった初期の35mm版一眼レフはアサヒフレックスのように、
このようなウエストレベル ファインダーとビュー ファインダーが付いていたが、その名残なのだろうか。


Nikon F & PEN E-P5

35mm版一眼レフのウエストレベル ファインダーは、すこぶる使いにくいが、
アスペクト比を1:1にできるミラーレスカメラのEVFをチルトして、ウエストレベル ファインダーにすると凄く使いやすい。

やはり35mm版一眼レフはペンタプリズム ファインダー、クイックリターン ミラー、
完全自動絞りの三種の神器が揃って完成品なのだろう。

2019年7月16日

ミノルタスカイというカメラ

ミノルタスカイ

  • 名称:ミノルタスカイ
  • 型式:35mm レンジファインダーカメラ
  • 画面サイズ:24×36mm
  • レンズ マウント:3枚爪バヨネットマウント(口径21mm)
  • シャッター:2軸式布幕フォーカルプレーンシャッター
  • シャッター スピード:1〜1/1000秒・B(無段階)
  • ファインダー:連動距離計二重像合致式、倍率 等倍、視野率 85%、
           50mmレンズ視野枠、パララックス自動補正
  • 距離計:基線長62mm
  • 露出計:なし、シャッターダイヤル連動LV方式露出ガイド
  • フィルム装填:裏蓋、一部底蓋開閉式
  • フィルム巻き上げ:レバー式、小刻み巻き上げ可、巻上げ角180度
  • フィルム巻き戻し:巻き戻しボタン、クランク式
  • フィルム カウンター:自動復元式
  • セルフタイマー:2.4、8、15秒の長時間露出可
  • シンクロ接点:X、FP
  • 交換レンズ:スーパーロッコール50mm F1.4、25mm F3.5、135mm F2.8


ミノルタスカイは、ライカM3に対抗すべく1957年に完成したレンジファインダーの試作機であり、
スカイという名称は社内での仮称で、これをベースにした高級機と普及機を開発する予定だったようだ。


ミノルタスカイと交換レンズ

この四角いファインダーと丸い距離計窓がキヤノンVI Lを連想させるが、
最後までL39マウントだったキヤノンと違ってスカイはバヨネットマウントである。
ミノルタ独自のバヨネットマウントだが、L39レンズを取り付けるアダプターも用意されていた。

スカイにはユニークな機能も備わっている。
シャッターダイヤルをBにセットして、セルフタイマーを下部に印字されている2, 4, 8, 15の何れかの数字に合わせると、
その数字の長時間露光ができる。
これは14年後に発売されたニコンF2のセルフタイマーと同じ機能だ。

そして、この頃に流行していたライトバリュー方式(LV)も取り入れられている。
シャッターダイヤルの横に絞りの数字とシャッターダイヤルに連動するLVの数字があるので、
例えば単体露出計で測ったLVが14で、レンズの絞りを5.6にセットしてあれば、
シャッターダイヤルを回してLV数字の14を絞り数字の5.6に合わせれば、適正露出のシャッター速度がセットされたことになる。
またシャッター速度を先に1/250と決めた場合は、LV数字が14の位置にある絞り数字8をレンズの絞りにセットすればいい。


「ミノルタスカイ」から「ライツミノルタCL」へ

この頃は1955年にミランダT、1957年にアサヒペンタックスSP、1959年にニコンFとキヤノンキヤノンフレックスが発売され、
各社とも一眼レフへと大きく舵を切っていた。
ミノルタも創業者の田島一雄がアメリカでの宣伝から帰国した後、発売間近だったスカイの開発を断念して、
一眼レフの開発に注力し1958年にSR-2を発売している。
その後スカイの簡略版であるミノルタ35IIIを1958年に試作したようだ。

こういうことで発売されず、不完全燃焼だったレンジファインダーカメラだったが、
16年後の1973年にライツとミノルタの共同開発という形で、ライツミノルタCL / ライカCLを誕生させたのは、
スカイという自信作を断念せざるを得なかったという悔しい思いがあったのかもしれない。
その後、1981年にライツミノルタCLの後継機で、ミノルタ単独開発となるCLEを発売して、
ミノルタのレンジファインダーカメラは終焉を迎えた。

2019年7月10日

キヤノンF1のカメラケース

Canon F1 ケース

キヤノンF1のカメラケースであるが、カメラケースは使わないので、そのまま眠ったままになっていた。


Canon F1 ケースの内側

このケースはボディ部とフロント部に分かれ、フロント部は大きめで、FD100mm F2.8でも付けることができるが、
硬い革なので閉じにくい。

ケースの内側は赤色の柔らかい布が張られていて、黒と赤のコントラストが新鮮である。
中には芯が入っていて、かなり硬い。

これは初期型のF1用でメモホルダーのない裏蓋ようサイズなので、後期型のメモホルダーの付いた裏蓋だと引っかかってしまう。
サイズはぴったりなので、かなり固めである。


Canon F1 ケース

黒いボディの隙間から赤い裏地がチラッと見えるのは好き嫌いがありそうだが、
黒の重量感と赤の華やかさとが組み合わさったゴージャスな雰囲気を醸し出しているだろうか。
ただ、ビビッドな赤とシックな黒のコントラストは人目を引くが、
妖艶さも現れ下品な印象にもなるが、黒塗装のF1では強烈な個性を感じる。


Canon F1 ケース

こうしてハードケースを付けた姿もいいものだが、実際に使うとなるとボディが大きくなりすぎて使いにくい。
そういうことから、当時はあまり一眼レフにカメラケースを付けていなかったように思う。

とにかくカメラのケースは邪魔になるので、今でも、どのカメラにも使っていないが、
最近ライカIII型のケースには興味が湧いている。
カメラケースに入ったバルナックライカは趣があるようだ。

2019年7月8日

オスカー バルナックのライカ


Osker Barnack (1879 ~ 1936)

ライツ社のカメラの設計者で、35mmカメラを完成させたオスカーバルナックだが、
1936年1月2日のライツ入社25周年記念パーティーの2週間後の1月16日に亡くなっているので、
ライツ社がカメラを発売してから11年しか開発に携わっていないことになる。
こうしてみると、すごく短い期間に思える。


250型 Reportor

バルナック設計の最後のカメラはII型、III型、IIIa型をベースにした、
10mのフィルムを詰めて250枚撮影できる報道用の「250型 Reportor」だとされている。
通常タイプだとIII型が1933年発売、IIIa型が10周年の1935年発売であるが、IIIb型は1938年発売なので、
IIIaまでがオスカーバルナックのカメラだろう。

ちなみにIIIa型までがオール板金製で、IIIb型は連動距離計とファインダー部分がダイキャストになって、高さが1.2mm増え、
1940年発売のIIIc型はボディ全てがダイキャスト製になり、幅が2.8mm、高さが1.2mm増えている。
わずかなサイズの増加のようだが、持った感じも見た感じも大きく感じられる。


Leica III Black Paint Nickel + Summar 50mm F2 Chrome

バルナックライカを選ぶとすれば、やはりオスカー バルナックが関わったであろうII型〜IIIa型迄だろう。

II型は
  • 吊り金具なし
  • 低速シャッターなし
  • 視度補正なしの等倍の距離計
  • 最高シャッター速度は1/500秒
  • ブラックペイントが主でクロームメッキは少ない。

III型は
  • 吊り金具あり
  • 低速シャッターあり
  • 視度補正付きの1.5倍の距離計
  • 最高シャッター速度が1/500秒である。
  • ブラックペイントとクロームメッキがある。

IIIa型は
  • 吊り金具あり
  • 低速シャッターあり
  • 視度補正付きの1.5倍の距離計
  • 最高シャッター速度が1/1000秒である。
  • クロームメッキが主でブラックペイントは少ない。

これから見ると、実用的なのはブラックペイントだとIII型、クロームメッキモデルだと1/1000秒の付いたIIIa型ということになり、
発売10周年のIIIa型でオスカーバルナックのライカシステムは完成したということだ。