2016年9月26日

Fuji X-E1:3本のニッコール オート



ニッコール オート レンズはニコンFの時代の一眼レフ用レンズである。
この時代のレンズは鏡胴、リング共に金属製で質感が良く、重量感もある。
X-E1のボディサイズには、この大きさもバランスがいい。

左から
NIKKOR S.C Auto 50mm F1.4
NIKKOR H Auto 28mm F3.5
NIKKOR Q.C Auto 200mm F4

フィルター径は、全て52mmに統一されている。

2 件のコメント :

  1. お早うございます
    フィルター径が統一されているのって
    汎用性に優れて、取り回しが効き
    懐にも優しいですよねー
    オリンパスも49ミリと55ミリの径に揃えられていましたね
    何で、デジタル時代にそうしてくれないのかなぁ?
    フィルタ類やレンズカバーだって、全部揃えなくても済みますし。

    返信削除
    返信
    1. こんにちは。
      レンズのフィルター径が統一されているのは便利ですね。
      ただ、その分レンズのデザインには制約が出るでしょうね。
      キヤノンは55mmと58mmが多かったですが、
      やっぱりオリンパスはコンパクトです。
      ニッコールオートは、ほとんど52mmだったようで、
      わずかな差ですが、当時もFDレンズよりニッコールの方が、
      スッキリしたデザインに思えましたよ。

      削除