2016年11月20日

Leica X1:ボディの厚み


Leica X1は半円と直線のシェイプを採用して、バルナックライカに近い形状にしたそうだ。
特に注目したいのは、ボディの厚みである。
バルナック型のIIIcの底部を実測してみると29mmあるが、X1も全く同じサイズの29mmになっている。
合わせてみると側面の丸みも含めてピタリと一致する。



ちなみにPen E-P5とFuji X-E1の底部も29mmなので、
やはり、フィルムカメラのボディの厚みが手に一番馴染むということだ。
このボディの厚みは、もちろんフィルムのパトローネの直径から決まるものだろう。
けれどM3では厚みが増し、デジタルのM型では更に厚みが増してしまった。
APS-Cセンサーだから、この厚さにできたのか。
それともレンズ一体型だから、この厚さにできたのか。

2 件のコメント :

  1. こんばんは。
    見事に同寸ですね。
    確かにホールドしやすいです。

    返信削除
    返信
    1. こんばんは。
      大体同じぐらいかなと思っていたのですが、
      見事にピッタリでしたよ。
      ここまで厚さを合わせるなら、
      横幅もバルナック型と同じにして欲しかったかな。
      けれどこの厚みと丸みが、
      ホールドのしやすさなんでしょうね。

      削除