2017年6月29日

Leica CLの試写

Leica CL +  Voigtlander COLOR-SKOPAR 35mm F2.5 P

Leica CLの作動確認の試写をしてみた。
レンズは「Voigtlander COLOR-SKOPAR 35mm F2.5 P」で、フィルムは「フジカラー SUPERIA PREMIUM 400」、
デジタル化は「フジカラーCD」である。

ASA400のフィルムということもあるのか、COLOR-SKOPAR 35mmはコントラストが強くカリッとしすぎるようだ。
ズマロン 35mmの方が良かったもしれない。



巻き上げレバーの露出計スイッチは慣れない
油断するとレバーが閉じて、オフになっている
レバーに親指を当てたままがいいようだ



露出計の針の動きが上下逆である
上に振れると露出アンダー
下に振れると露出オーバー
シャッターダイヤルの
回転方向とは合うのだが



縦吊りのストラップが微妙
ハンドストラップが付けにくい
右手で持った時に
ストラップが邪魔にならないのは良いが



小刻み巻き上げができない
巻き上げ角が180度ほどある
これは少し辛い



親指を巻き上げレバーにかけていると
シャッターの振動が伝わる
少し気持ち悪い
こういうのは初めてだ


シャッター速度は正常で、露出計も働いている。
ファインダーも明るくクリアで見やすい。
距離計は上下のズレもなく近距離、遠距離とも問題なさそう。
二重像は僅かに薄いように思うが使いにくくない。
シャッター幕も劣化が少なく、光漏れもない。

外装は綺麗ではないが、ブラックボディは使用感があるのもいい。
使っていて、この大きさがしっくり来る。
ミラーレスカメラに慣れた手には良い大きさで、
使いやすいカメラだと思う。

2 件のコメント :

  1. こんばんは。
    ライカCL良いですね!
    少しクセがあるカメラでしょうか?
    でもそこにハマったりして(笑)
    ベッサR2Aでカラスコとズマロンで撮っていました。
    カラスコはやはりコントラストが高く、派手な色味なのでズマロンが良かったですね。

    返信削除
    返信
    1. ライカCL、好いですよ〜
      昔使いたかったカメラだったんですが、
      やっと、手に入れました(笑)
      本当はライツミノルタだったのですが、
      たまたまライカCLに出会ったので。

      そうですね。
      少し、使いにくいこともあるんですが、
      それ以上に魅力のあるカメラですね。
      使いこなしていく楽しみがあります。

      ベッサR2Aを使われてたのですね。
      コシナのベッサやツアイスイコンも良いですよね。
      カラスコですが、最近は描写が諄く感じるのですが、
      X1やX-E1の影響でしょうか(笑)
      今度はズマロンで撮ってみたいです。

      削除