2017年4月11日

常日頃 x191 * ローアングルで

Fuji X-E1
NIKKOR Q.C Auto 200mm F4
春にはASTIAが
良く似合う
彩度を-1で使うのが
好きだ

4 件のコメント :

  1. こんばんは^^
    何を撮っているのでしょうね~
    私なら(ファインダーの方が慣れているので)完全に寝転んでいるでしょう(笑)

    カタクリを撮るのは専らASTIAでした。
    花のピンクと葉の緑の柔らかさは、
    他のフィルムと撮り比べてみると一目瞭然でした。
    ASTIAが無くなって、カタクリ撮影からも遠ざかっています。
    フジはフィルムシミュレーションがあるのでいいですね♪

    返信削除
    返信
    1. こんにちは。
      左にある黄色い花はミモザの木なんですが、
      その下の友達を撮っていたようです。
      ここは斜面なので、実際はローアングルでもないですね。

      フィルムのASTIAは、もうないですよね。
      フィルムシミュレーションのASTIAは、
      彩度を少し落として使うのが好みです。
      春先の花や、新緑を柔らかく、華やかに描いてくれますね。

      削除
  2. こんにちは、
    フィルムシミュレーションの中に無い
    嘗てのポジフィルムに、センシアとトレビがありましたね
    トレビは使った事ないですが
    センシアは時々使いました
    ものすごくニュートラルで地味だった記憶があります

    アステア+ポートレイトモードとかいう組み合わせがあれば
    柔らかさについては、最強となりそう・・・
    あ、でもポートレイトモード無かったですよね(汗!

    返信削除
    返信
    1. センシア、トレビという、
      この時代のフィルムは使ったことがないのですよ。
      というよりも、この頃は写真を撮っていなかった(笑)
      センシアは標準彩度で軟調タイプのようなので、
      ポジフィルムにしては地味かもしれませんね。

      X-E1はポートレイトモードどころか、
      アドバンストフィルターも使えません(笑)
      PEN E-P5と同じ頃に発売されたX-E1ですが、
      ストイックなカメラですよ。
      けれどフィルムシミュレーションだけで、
      満足できますね。

      削除