2016年12月25日

Canon F1 & Nikon F:露出計


キヤノンとニコンは操作性が真逆なのも面白い。
キヤノンがライカ、ニコンがコンタックスをベースに開発を始めたからだろうか。

露出計でも考え方が違っている。
キヤノンF1の露出計はボディに内蔵されているが、ニコンFの露出計はファインダーに内蔵されている。
ニコンが露出計をボディに内蔵させるのは、F3になってからである。




キヤノンF1のファインダー脇のボディにある、四角の白い部分が露出計の採光窓である。
ニコンFは、FTNファインダーの上面に採光窓とメーターが見える。

この露出計位置のため外観や操作性が大きく変わり、キヤノンはトンガリ帽子のアイレベル ファインダーで露出計を使えるが、
ニコンはアイレベル ファインダーでは使えない。
露出計を使うにはフォトミックFTNファインダーが必要であるが、このファインダーが大きくてキヤノンF1のブースターTファインダーほどある。

2 件のコメント :

  1. こんにちは。
    時々無性にフィルムで撮りたくなります。
    色々使いましたけど、今手元に
    あるのはヤシカエレクトロ35GXです。
    これがなかなか良い(笑)

    返信削除
    返信
    1. こんにちは。
      ヤシカエレクトロ35GXをお持ちなんですね〜
      懐かしいです。
      私が最初に買ったカメラが、ヤシカエレクトロ35でしたよ。
      タイプははっきり覚えていないですが、
      ファインダー窓の形から、GSだったような気がします。
      その後、キヤノンFTbを手に入れました。
      エレクトロ35はよく写る良いカメラですよね。

      フィルムでは長い間撮ってないのですが、
      置物として手に入れたニコンFが以外と使えそうなので、
      また撮ってみたくなりました。
      周期的にフィルム病が出てきますね(笑)

      削除