2016年9月18日

Leica X1:貼り革



X1のブラックモデルは、少し粗めのシボの貼り革だが、
スチールグレイモデルの貼り革はシボが細かい。

写真上のLeica IIIcもシボが細かい。
これはシャークスキンと呼ばれているタイプで、
戦後の物資不足から、このようになったと言われている。
けれど、このザラザラとした縦皺が、以外とホールド感がいい。

スチールグレイモデルの貼り革は、これほどザラザラ感はないと思うが、
雰囲気がよく似ているようだ。

2 件のコメント :

  1. こんばんは。
    ブラックとグレイで貼革が違う
    のですね。知りませんでした。
    ブラック一択でしたので。

    返信削除
    返信
    1. こんばんは。
      X1ブラックを使われているのですね。
      ブラックの貼り革は、伝統的なシボで落ち着きがありますね。
      スチールグレイのそれは、ボディカラーに合ってモダンな感じがしますが、
      どちらかというと、ブラックの貼り革の方が好みです。
      なので、私もブラックにしたんですよ。

      削除