2016年5月5日

Leica X1:バルナック型ライカ



バルナック型ライカにフォルムが似ているといわれるX1だが、
それは距離計が内蔵されていない1型までのようだ。

これはLeica 3cにSummaron 3.5cmを取り付けている。
Leica X1のELMARIT 24mmの換算画角とほぼ同じになる。

4 件のコメント :

  1. ズマロンいいですね!
    私もGXRを母艦にして愛用していました。
    コンパクトながら重量感もあり、なかなか
    良く写り、モノクロ用として活躍してくれました。

    返信削除
    返信
    1. ズマロン良いですよね〜
      ズマールも使っているのですが、
      今回2本目のズマです。

      GXRとの組み合わせも良いでしょうね。
      モノクロ時代のレンズなので、
      やっぱり、モノクロの描写は定評がありますね。
      けれど、アンダー露出でのカラーの描写も良さそうです。
      まだX-E1で 使い始めたばかりなので、
      いろいろな条件で試してみたいです。

      それにしても、バルナックライカに付けると
      見事なバランスですね。
      というか、このカメラのレンズでしたよね(笑)

      削除
  2. バルナックライカにLズマロン憧れます!
    ズマロンで、古い木枠のガラス窓等を撮ると
    、滲みがでてもうウットリでした。
    さすがにX1でも無理な描写ですね。

    返信削除
    返信
    1. バルナックライカにズマロンを付けた、
      ズシリとした感触は、まさに精密機械ですね。
      写真で見ても、X1との重量感の違いがわかりますよね。

      木枠のガラス窓は、私も好きなので撮ってみたいです。
      鈍い蕩けるような光の滲みを描写できれば、と期待しますね。
      こういうベレク設計のレンズは、ピーカンよりも、
      曇りや小雨の中での描写が似合う気もします。
      X1のエルマリートはドライな描写ですね。
      もう少し湿度を写す、ウェットさがあれば良かったのですが・・・
      それが惜しいところです。

      削除