2017年4月17日

ヴィヴィアン マイヤー写真集

A Photographer Found

ヴィヴィアン マイヤーの写真集は幾つか出版されているが、この写真集「A Photographer Found」は大判(27 x 32cm)で、
288ページと写真点数も多くずしりと重い。
モノクロプリントも温黒調に偏ってなく、綺麗な仕上がりだと思う。



セルフポートレイトが所々に散りばめられ、後半にはカラープリントも含まれていて、
オールインワンの一冊だろう。



写真の区切りでオレンジページが使われているのは、気になる人もいると思う。
特にモノクロ写真の間のオレンジページはキツイ感じがする。



写真のレイアウトでは、このような組み合わせで並べられているものもあり、よりヴィヴィアン マイヤーらしさを感じられて面白い。
こういう左右ページの写真の組み合わせは他のページにも見られる。



右側は好きな写真の一つであるが、このように左ページが同じテーマ? で組み合わされている。



好きな俯瞰写真なので、何だか親近感がわく。
ローライフレックスでハイアングルは撮りにくいと思うが、プリズムファインダーを使っているのだろうか。
それとも、ノーファインダーか。

ヴィヴィアン マイヤーの写真は人の表情や仕草を撮ったものが多いが、
セルフポートレートを除けば、右のように影を捉えたものは少ないのではないか。





ヴィヴィアン マイヤーの写真の中でも、この写真が一番好きなのだが残念ながら、この写真集には入っていない。
これは「ENTREPOT」と書かれた看板があるので集積場か倉庫の前なのだろう。
子供が手に紐のようなものを持って走り回っている。
最初は風船かなと思ったけれど、それにしては紐が太いように思うが、どうなのだろう。
この紐のようなものは、フレームの外に揺れながら伸びている。

このように収められていない好きな写真は他にもあるが、ヴィヴィアン マイヤーのオフィシャルサイトにある、
STREET1〜5の中の気になった写真も多く含まれている。



写真集の後半に35mmで撮ったカラー写真が点在するが、やはりローライフレックスで撮ったモノクロ写真が好きだ。



ヴィヴィアン マイヤーはRolleiflex 2.8CやRolleiflex 3.5Fなどを使っていたようなので、
撮影レンズは80mmF2.8のレンズと75mmF3.5のレンズである。
その対角線画角は80mmが52度、75mmが55度で、35mm判レンズの焦点距離に換算すると、
80mmが44mm、75mmが41mmに相当する。
この画角が自然な日常感を与えているのだろう。

80mmは35mm換算で44mmと少し広角だが、50mmの標準レンズに近い。
ちなみに35mm版は、ライカIIIcやライカII型も使っている。

6 件のコメント :

  1. こんばんは^^
    ずいぶん立派な写真集ですね。
    例え同じ写真集でも、大きさが違うと写真の印象も随分変わってきます。
    ページ数も多いし、これなら十分満足できますね。

    俯瞰写真は、BluesWalkさんの写真を思い起こしました。
    特に右側は、影や屋根の具合など、
    最近見せていただいた大阪駅の写真と共通したイメージを感じました。

    三重と愛知の図書館を探しましたが、
    残念ながら、Vivian Maier の写真集は1冊も所蔵されていないようです。
    名古屋あたりで写真展でもしてくれるといいのですが・・・。

    返信削除
    返信
    1. こんにちは。
      立派な写真集ですよ。
      手に持ってパラパラと眺めるというよりも、
      テーブルの上に開いて、じっくり見る写真集ですね。

      俯瞰写真で思い起こしてもらえましたか(笑)
      ヴィヴィアン マイヤーとしては、
      右側のような撮り方は珍しいでしょうね。

      私の近くの図書館にも置いてないですよ。
      まだまだ、知られるには時間がかかりそうですね。
      写真展が開かれたら見に行きたいですが、
      公式サイトのExhibitionの様子を見ても、
      ヨーロッパや、北米が多く、日本では難しそうね。

      削除
  2. BluesWalkさん ビビアンマイヤーの写真集の記事楽しく拝見しました。
    確かに写真の区切りでオレンジページが入るのは どぎつい感じがしますね。
    特にモノクロ写真では・・・。

    左右ページの写真の組み合わせは 2枚組で使ったら面白そうです。
    今度やってみよう。

    返信削除
    返信
    1. オレンジページはやっぱりキツイですよね。
      普通は黒とかグレーでしょうか。
      カバーを外すと表紙も全面オレンジですよ(笑)

      左右ページ組み合わせ、面白いでしょ。
      他にも、右ページに女性の下着を選ぶ紳士、
      左ページに顔をしかめる中年女性という、
      組み合わせもありますよ。
      ぜひ、2枚組で試してみてくださいね。

      削除
  3. ビビアンマイヤーの写真も素敵ですがレイアウトも、うん~ん!と唸るほど素敵でした。オレンジは好きな色で手帳はオレンジ色だしトートバックもオレンジ色を服のさし色として愛用しています。が写真集のモノクロには確かにきついですね。

    返信削除
    返信
    1. 好きなオレンジ色でも、モノクロ写真にはキツイですか(笑)
      こういう写真の組み合わせで、
      よりヴィヴィアン マイヤーらしさを感じますね。
      この写真集は、あまりセピア寄りにならず、
      本来のモノクロのトーンなのがいいですよ。

      削除