2016年10月4日

Leica X1:一番残念なこと



X1は電源オフをオフにできない。
ややこしいが、電源を入れっぱなしにできないということ。
一定時間が経過すると電源が切れて、レンズが収納される。
電源オフまでの最長時間は10分である。

Ver.2へアップデートの時に、1分が追加されたのだが、
それよりもOFFを追加して欲しかった。
バッテリーの消耗よりも、シャッターチャンスの方が大事である。
これでチャンスを逃したこともある。
だけどX1は手放せない。

6 件のコメント :

  1. 例えが、
    一寸ズレてるかもしれませんが・・・
    一目惚れした彼女
    あーだこうだと恋慕の情が募るけれど
    彼女はツンデレ、
    いや悪女の影も濃厚な・・

    惚れた弱み。
    たんと悪戦苦闘なさいませ〜
    ふふ

    返信削除
    返信
    1. まさに惚れた弱みですね(笑)
      アバタも笑窪ですよ。

      ここぞという時に、
      プチッと切れて知らん顔です。
      慌てても時遅し・・・

      それにしても10分は短いです。
      後の投稿でもあーだこうだと、
      宣わりますよ(笑)

      削除
  2. こんばんは。
    電源オフのオフ機能ないですね。
    電池の消耗が激しいので抑える為と、
    電源オンのままだと放熱が苦しく、
    それを抑える為でしょうかね。
    デジタル機器としては?な機種です(笑)

    返信削除
    返信
    1. こんばんは。
      やっぱり熱の問題がありますよね。
      けれど、今使っているE-P5とX-E1では、
      電源オフのオフ設定ができるんですよ。
      X1で電源オフが気になるのは、レンズが収納されるからで、
      ミラーレスではそういうことがないので、
      あまり気にならないのですが・・・

      不確かですが、デジタルM型が分厚いのも、
      センサー後ろに空間を作って放熱効果を上げるためとも、
      聞いたことがあります。
      電子機器と精密機械を比べても意味がないですが、
      いつでもシャッターが切れたフィルムカメラが懐かしいです(笑)

      削除
  3. E-M1は1分でスリープ、4分で電源オフですから、
    それに比べればまだいいのではないでしょうか。

    電源オフについてはこまめにスリープ解除をしているのでいいとしても、
    内臓EVF自動切替にしているので、
    いざというときにファインダーを覗いてもすぐに見えないのが嫌ですね。
    自動切替にしなけりゃよさそうなものですが、
    そうするとスーパーコンパネが表示されないので痛し痒しです。

    返信削除
    返信
    1. そうですよね〜
      オリンパスではスリープと自動電源オフの2段構えですね。
      E-P5ではスリープは最長5分とオフの設定、
      自動電源オフは最長4時間とオフ設定が出来ますね。
      それとシャッター半押しでスリープ解除ができるので、
      あまり苦にならないです。

      覗いた時にEVFが真っ暗というのも困りますよね。
      E-P5では自動切り替えでなくても、スパーコンパネが、
      表示されるのですが、E-M1はそうではないのですね。

      X1は自動電源オフになると、レンズが収納されるので、
      タイムラグが大きいです。
      できるだけ気をつけているのですが、
      肝心な時に忘れていてオフになっています(笑)

      削除