2016年8月17日

Fuji X-E1: Voigtlander COLOR SKOPAR 21mm F4P



「Voigtlander COLOR SKOPAR 21mm F4P」は全長25.4mm、最大径55mm、重さ136gのパンケーキタイプで、Mマウントのレンジファインダー用レンズである。
オール金属製で、X-E1での32mm画角は使い易いスナップレンズとなる。

レンズフードはVoigtlander LH-1を付けている。
このフードはねじ込み式で、レンズ先端の外側に切ってあるフード用のねじ溝に取り付けた後、
横に付いている固定ねじを緩めてフードの角度を調整する。

2 件のコメント :

  1. おはようございます。
    こちらは、本日まで盆やすみでした。
    仙台は、台風が近づいていまして
    新幹線動くか心配です。
    今年も、みちのく一人旅やって来ました。
    酒田から、日本海を北上
    秋田、青森を抜け 岩手、宮城とやく1200kmを走破
    還暦を過ぎた老体にとっては、堪えます。
    もし、東北のほうへ旅行されることがあれば、お役にたてられるような
    写真撮ってきましたので
    覗いてください。

    この21mm,α7用で持っておりますが
    数回しか出番なく、防湿庫に眠っています。
    最近、fujiの出番が多くしょうがないですが
    α7を使用する時は、使いたいです。

    返信削除
    返信
    1. こんにちは。
      お盆休み、ゆっくりできましたでしょうか。
      台風は関西への影響はなかったですが、東北は影響が出そうですね。
      それにしても東北を1200Km走破は凄いですね。
      ブログ拝見しましたが、鮮やかな東北の夏が広がっていますね。

      21mmはα7で使われているのですね。
      私も出番は少ないのですが、
      APS-Cの換算32mm画角で少し使ってみました。
      m4/3の換算42mmというのが好きなのですが、
      やっぱり、フルサイズで21mmが一番かなと思いますよ。

      削除