2016年2月6日

Leica X1:マニュアルフォーカス



マニュアルフォーカスの時の距離バーだが、
5mの次が無限遠と荒いのが残念。
緑色の帯が被写界深度を表していて、
2.5m〜無限遠にあっていることがわかる。
ピントを合わせるため背面右上のホイールを回すと、
この距離バーが現れ、拡大画面が中央に表示される。


2 件のコメント :

  1. こんばんは
    いつも、これを使っているのですが
    拡大画面で焦点が合っているのか
    心もとない感じがします。
    ちょっとアバウトな感じが・・・
    ただ、PCで見て安心しまけど。

    返信削除
    返信
    1. こんにちは。
      そうですよね。
      背面モニターでは、ピントが分かりにくいですね。
      やっぱり、EVFのほうが使いやすいです。
      拡大表示ではモヤっとしていても、
      PCの画面で見るとクッキリしています。
      背面モニターの画素数が少ないためでしょうね。

      けれど、X1はスナップシューターなので、
      これでも十分使えますね。

      この前のレンズフードは、うまく出来ましたでしょうか。

      削除