2017年10月27日

F1 のワインダーの音を聞いてみる

Canon F1とPower Winder F

ミラークッションのモルトを張り替えて、心配なくシャッターが切れるようになったキヤノンF1で、
「POWER WINDER F」を使ってみた。

POWER WINDER F
  • 巻き上げ速度:0.5秒
  • シャッター速度範囲:1/2000 - 1 s (シングルモード)
              1/2000 - 1/60 s (連続モード)
  • バッテリー:バッテリーパックA、単三電池4本
  • バッテリーチェック: LED
  • 撮影枚数:36枚撮りフィルム20本(アルカリ電池)
  • リモートコントロール:リモートスィッチ3
               リモートスィッチ60
               ワイヤレスコントローラーLC-1
  • 大きさ: 161 x 99 x 79.3 mm
  • 重さ: 430g(単三電池4本含む)


Power Winder FとバッテリーパックA

この「POWER WINDER F」はF1のような総金属製ではなく、ベースの上部とグリップ部が金属製で、
ベースの下部とグリップのトップは樹脂製になっている。

電源は単三電池4本でバッテリーパックAを取り外して、金属製ホルダーを上げてセットする。


Power Winder Fの取り付け

キヤノンF1への取り付けは底蓋を外して行う。
電池蓋を外し底蓋を引くと外れるので、電池と電池蓋を元通りに取り付ける。
パワーワインダーの電源をオフにして底にはめ込み、取り付けネジを回して取り付ける。


シャッターボタン

シャッターボタンはグリップのトップと縦位置用にグリップの基部にあり、ロックレバーも付いている。


警告ランプ

バッテリーパックAと右側に赤いバッテリー警告ランプがあり、バッテリーが低下すると点灯して巻上げが停止する。


電源、モードスイッチ

側面の電源スイッチで、連続モード(C)とシングルモード(S)が選べる。
右側にバッテリーパックの取り外しレバーがある。
正面には取り付けネジとリモートコントロールソケットが付いている。


三脚ネジ穴と巻き戻しボタン

底面には三脚ネジ穴と巻き戻しボタンがある。


Canon F1とPower Winder F

連続モード(C)でシャッターを切ってみると、乾いた金属音とシャーという巻き上げの音が響く。
シャッター音だけでなく、フィルム巻き上げの音がかなり大きくて、
デジタルカメラのシャッター音だけの連射とは明らかに違う。
今、これで街撮りをしたら、注意を引きすぎるだろう。
けれど、当時はこういう音に憧れた。

0 件のコメント :

コメントを投稿